対策方法

あがり症の対策方法で最も有効なのはコレだった!

あがり症の対策として最も有効なものはなんだかご存知でしょうか。あがり症は人前ではなせないこと、はじめて合った人とは緊張しすぎて話せない、頭が真っ白になってしまうなどの症状です。自分の意思を伝えようとすると緊張してしまい、うまく話せなくなってしまうのです。

 

では、この厄介なあがり症をどうにか対策できないものかと思いますよね。

 

あがり症に最も有効なのは開き直って気にしないこと

自分があがり症何だということを気にせず、恥ずかしがらずにゆっくり話すことができれば、もうあがり症は8割克服出来たと言っても過言ではありません。

 

これが出来ないからみんな大変な思いをしているんだ!と思われるかもしれませんし、もっともなことです。ですが、あがり症だということを言い訳にしてはいけません。気合でどうにかなるわけではありませんが、あがり症は少しずつでもいいので地道にトレーニングを続けれていけば改善出来ます。
スピーチをしている時に声が裏返ってしまったり、どもってしまったり、顔が赤くなってしまったり、声が大きくなりすぎたり、力が入りすぎたりといろいろなことが起こるでしょう。ですが、これらを恥ずかしがることはありません。

 

いい大人ならこういったことは気にしませんし、一生懸命話をしている人をバカにするような人はいません。(絶対とは言い切れませんが・・・) ですから全然気にしなくてもいいのです。堂々と失敗しましょう。失敗を重ねることで私たちは経験を積みます。「次はさらに上手にやってやろう」というくらいの気持ちで上昇のスパイラルを作ることが大事なのです。

スポンサーリンク

関連ページ

インデラルで治療
あがり症と検索すると、「インデラル」というキーワードが出てくることをご存知でしょうか。インデラルとはあがり症の症状を和らげてくれると話題の治療薬です。もちろん、病院で処方されるレキソタン、デパス、リーゼやSSRIなどが効果が無いわけではありません。
インデラルの効果
あがり症に対するインデラルの効果はあるのでしょうか。インデラルは緊張をとく作用や降圧剤としての効果があります。心臓にかかる負担を減らし、心臓の拍動を抑えて血圧を下げる効果もありますね。それ以外では、片頭痛が起こりにくくなるなどの作用があります。
インデラルの副作用
インデラルは薬ですからもちろん副作用があります。抗うつ剤などの猛烈に眠くなるという副作用はありませんが、身体がだるくなったり、めまいを感じる、あるいは息苦しさ、胸の苦しさがある場合があります。それ以外には喘息発作を誘発する場合があるのでこれらの症状が出た時にはすぐに受診をするようにしてください。
アルマールであがり症は治る?
あがり症は極度の緊張や不安からくる震えや、話をしている最中に頭が真っ白になってしまう、どもってしまうなどのトラブルを引き起こします。そんなあがり症の症状を抑える薬が抗うつ剤やインデラル以外にもあります。それが、アイマールという薬です。