あがり症は克服・対策・呼吸法で治療しよう!あがり症克服NAVI

インデラルにはどんな副作用があるのか?

インデラルは薬ですからもちろん副作用があります。抗うつ剤などの猛烈に眠くなるという副作用はありませんが、身体がだるくなったり、めまいを感じる、あるいは息苦しさ、胸の苦しさがある場合があります。それ以外には喘息発作を誘発する場合があるのでこれらの症状が出た時にはすぐに受診をするようにしてください。

 

副作用については以下を参考にするとよいでしょう。

 

【重い副作用】 ..めったにないですが、初期症状等に念のため注意ください

 

心不全、心ブロック、高度な徐脈..息苦しい、胸が苦しい、動悸、疲れやすい、むくみ、体重増加、脈が飛ぶ、脈が1分間50以下、めまい、気が遠くなる、失神。
喘息発作の誘発..咳き込む、ゼーゼー・ヒューヒュー息をする、息苦しい。
重い血液成分の異常..発熱、喉の痛み、口内炎、だるい、皮下出血(血豆・青あざ)や歯肉出血など出血傾向。

 

 

【その他】

 

だるい、めまい、ふらつき
徐脈、低血圧
手足の冷え、しびれ感
目の乾燥(目がゴロゴロ、しょぼつく)
気分がしずむ、眠気、不眠、悪い夢、幻覚

 

出典:http://www.interq.or.jp/ox/dwm/se/se21/se2123008.html

スポンサーリンク

関連ページ

あがり症の対策方法
あがり症の対策として最も有効なものはなんだかご存知でしょうか。あがり症は人前ではなせないこと、はじめて合った人とは緊張しすぎて話せない、頭が真っ白になってしまうなどの症状です。自分の意思を伝えようとすると緊張してしまい、うまく話せなくなってしまうのです。
インデラルで治療
あがり症と検索すると、「インデラル」というキーワードが出てくることをご存知でしょうか。インデラルとはあがり症の症状を和らげてくれると話題の治療薬です。もちろん、病院で処方されるレキソタン、デパス、リーゼやSSRIなどが効果が無いわけではありません。
インデラルの効果
あがり症に対するインデラルの効果はあるのでしょうか。インデラルは緊張をとく作用や降圧剤としての効果があります。心臓にかかる負担を減らし、心臓の拍動を抑えて血圧を下げる効果もありますね。それ以外では、片頭痛が起こりにくくなるなどの作用があります。
アルマールであがり症は治る?
あがり症は極度の緊張や不安からくる震えや、話をしている最中に頭が真っ白になってしまう、どもってしまうなどのトラブルを引き起こします。そんなあがり症の症状を抑える薬が抗うつ剤やインデラル以外にもあります。それが、アイマールという薬です。