あがり症は克服・対策・呼吸法で治療しよう!あがり症克服NAVI

あがり症に対するインデラルの効果は?

あがり症に対するインデラルの効果はあるのでしょうか。インデラルは緊張をとく作用や降圧剤としての効果があります。心臓にかかる負担を減らし、心臓の拍動を抑えて血圧を下げる効果もありますね。それ以外では、片頭痛が起こりにくくなるなどの作用があります。

 

実は開発されたのは1960年代と古く、世界的にも使用実績がある薬なのです。しかし、日本では処方される機会がく少なくあまり知られていません。海外では臨床試験で脳卒中や心筋梗塞を予防した、あるいは寿命をのばすということが証明されています。

 

ですので、知らない薬だから怪しいのでは・・・という穿った見方をしなくても良いです。もちろんその気持もわからないでもありません。歴史のある薬ですが認知度が低いのでどうしても怪しいと思いますからね。しかし、認知度があるものがいいという保証はどこにもありません。

 

もし試しに飲むのであれば、きちんと用法用量を守った上で、飲み過ぎたりしないよう気をつけてください。

スポンサーリンク

関連ページ

あがり症の対策方法
あがり症の対策として最も有効なものはなんだかご存知でしょうか。あがり症は人前ではなせないこと、はじめて合った人とは緊張しすぎて話せない、頭が真っ白になってしまうなどの症状です。自分の意思を伝えようとすると緊張してしまい、うまく話せなくなってしまうのです。
インデラルで治療
あがり症と検索すると、「インデラル」というキーワードが出てくることをご存知でしょうか。インデラルとはあがり症の症状を和らげてくれると話題の治療薬です。もちろん、病院で処方されるレキソタン、デパス、リーゼやSSRIなどが効果が無いわけではありません。
インデラルの副作用
インデラルは薬ですからもちろん副作用があります。抗うつ剤などの猛烈に眠くなるという副作用はありませんが、身体がだるくなったり、めまいを感じる、あるいは息苦しさ、胸の苦しさがある場合があります。それ以外には喘息発作を誘発する場合があるのでこれらの症状が出た時にはすぐに受診をするようにしてください。
アルマールであがり症は治る?
あがり症は極度の緊張や不安からくる震えや、話をしている最中に頭が真っ白になってしまう、どもってしまうなどのトラブルを引き起こします。そんなあがり症の症状を抑える薬が抗うつ剤やインデラル以外にもあります。それが、アイマールという薬です。